Loading

■ 三松堂について

昭和26年に創業してから三松堂本店では、お客様に「来てよかった」と思って いただけるような、そんなお店でありたいと、常に心がけて今までやってまいりました。おかげさまで、ここから始まった三松堂も、支店を二店舗もつまでに成長いたしました。何かのついでに近くまでこられたら、ぜひまたお立ち寄りください。店員一同、心よりお待ち申し上げ ます。

 

■ 三松堂経営哲学

誰でも、美味しいものを食べるときには、ほんのひと時ですが、幸せになれます。そのひと時の幸せを、一人でも多くの方に、お届けすること。それが我々三松堂で働く従業員の仕事だと考えています

これまで当店を育ててくれたお客様に感謝し、五十年後のお客様の健康と百年後のお客様の笑顔を思いながら、今本当に美味しいお菓子を提供し、喜んで頂けるよう努力する。お菓子の製造技術を日々改良し、接客される側の気持ちを常に考え、今日満足したお客様に明日もっと喜んでもらえるように

その繰り返しのみが本当に美味しい菓子を作るのだと信じ、 安全で良い素材を、そのまま食べるより美味しいお菓子に出来るよう、日々精進いたしております

 

■ 三松堂の歴史

昭和26年に製菓製パン業として創業。後昭和31年に、源氏巻を中心とする菓子の販売に転向。創業者・小林萬吉の「本当に美味しいお菓子を作ろう」という志により、鴎外(昭和33年)、鯉の里(昭和40年)という現在も三松堂の看板となるお菓子が創作される

昭和51年に有限会社に改組。観光地・津和野の観光客大幅増加も追い風となり、代表取締役小林久夫の元、店舗数も3店舗まで増え、順調に売上を伸ばす。品揃えも土産物中心から、上生菓子も販売する本格的な和菓子屋へと方向転換を始める

平成17年、代表取締役は小林久夫から小林智太郎に交代し、現在に至る

 

■ 会社概要

社名 有限会社 三松堂
本社所在地 島根県鹿足郡津和野町森村ハ19-5
電話番号 (0856)72 0174
ファックス (0856)72 2929
Eメール info@sanshodo.net
設立 昭和26年10月
資本金 600万円
役員 代表取締役
小林智太郎
事業内容 和菓子製造・小売
従業員数 19名

 

■ 会社沿革

昭和26年10月 委託加工製パン業創業
昭和31年 和菓子製造販売開始 小林三松堂と改名
昭和33年 三松堂銘菓・鴎外饅頭発売
昭和40年 三松堂銘菓・鯉の里発売
昭和51年9月 有限会社三松堂に改組
代表取締役社長に小林久夫就任
昭和59年 島根県益田市に支店を開店
昭和62年 津和野町内に支店、菓心庵を開店
平成17年 代表取締役社長に小林智太郎就任

 

■ 出店舗

三松堂本店 島根県鹿足郡津和野町森村
菓心庵 島根県鹿足郡津和野町本町一丁目
三松堂益田店 島根県益田市乙吉雪舟ふれあい通り