11月の津和野は紅葉を楽しむ方の笑い声で、街が明るくなる季節です。
最近では、朝晩の冷え込みに冬の気配を感じるようになりました。秋ももう終盤、寒さも一気に進み、風邪等心配な季節にもなってきます。

元気に冬を過ごすために、稲成神社の力を借りてみませんか。
当店では材料を太鼓谷稲成神社で祈祷していただいて作る、直会餅を販売しております。
11月の直会餅は、亥の子餅。
無病息災を祈願して食べられるお餅で、吉兆を運ぶ縁起物とされています。
寒い冬も「元気に過ごしたい」「元気に過ごしてほしい」そんな想いにピッタリの和菓子ですよね。

と、直会餅や亥の子餅の意味が分かったら、どんな味か気になる事と思います。
求肥にニッキ・白ごま・小豆の皮を練り込み、こしあんを包みました。
上品な甘さのこしあんとニッキの爽やかな風味。甘さが口に残らず、つい2個目に手を伸ばしたくなる和菓子です。

食欲の秋といいますが、冬にも美味しい物はたくさん。元気に食欲の冬を過ごしませんか。